企業も注目のコーディング代行が増えている背景

コーディング代行という仕事そのものは、ウェブサイトが本格的に普及しはじめる以前から存在していました。しかしながら、当時はまだ、必要最低限のプログラムだけを羅列する作業であり、コーディングのクオリティによって企業の利潤が大きく左右されるという認識は広まっていませんでした。

2000年代に入り、企業内部のSEOやウェブデザインの重要性が認識されるようになると、コーディングを専門に引き受けるプロのエンジニアが表れはじめ、コーディング自体を独立した業務として受注するワークスタイルが確立しました。さらに、企業のほうでも時代の流れとともに業務のアウトソーシングが主流になり、より安いコストでコーディングおよびシステムの保守を外注する方法論が編み出されるようになりました。

専門性の高いコーディング代行は、企業とエンジニア双方のニーズを叶えたWin-Winのシステムであり、時代の風潮にマッチしたアウトソーシングのスタイルであると言えます。企業が利潤の向上と、リソースの有効活用を追求するかぎり、コーディング代行は今後も日本国内で普及しつづけ、システム運営および保守のスタンダードになっていくだろうと予測されています。